絵本を破ってしまう子への読み聞かせのコツ

子どもが産まれてから子どもには読み聞かせを続けているママも多いと思います。

しかし、絵本に対する反応は様々で、スムーズに読み聞かせができるママもいれば、

中には子どもが絵本を勝手にめくったり、ときには破ってしまったりして

落ち着いて読み聞かせできない!!なんて悩んでいるママもいますよね。

そこで、絵本を破ってしまう子への読み聞かせのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

読み聞かせを聞いてくれない!絵本を破ったりめくりたがるのはなぜ?

絵本を毎日読み聞かせしているのに、読むたびに子どもは勝手にページをめくったり破ってしまったりする…

なんて悩んでいるママもいますよね。

実は我が家の子どもも1歳頃は勝手にめくることが多かったです。

結論から言って、勝手なその行動は年齢を積み重ねるごとになくなりますので安心してくださいね。

しかし、破ってしまうのは当たり前の行動なのです。

1歳、2歳ごろの子供にはむしろ大切な行動でもあります。

手先の器用さを養うために新聞紙を破ることの大切さが保育では言われているほどです。

でも、絵本は読むものであって、破るものではありませんので、できることなら大人しく読み聞かせを聞いてほしいですよね。

そんなお困りのママたちにアドバイスするなら

言い聞かせ続けましょう! ですね。

「絵本さんが痛いって言っているからビリビリしないでおこうね」

と何度も伝えていくことで、次第と子どもも理解できるようになっていきます。
 
またやってるよ…はぁ~。とは思わずに、毎回諦めずに言い続けてみましょう。

もう一つ言えることは、子どもに合った絵本選びをしてみてください。

読み聞かせが始まると、いつも絵本を破ってしまうのは

もしかしたら、その絵本に興味が持てずにいるかもしれません。

年齢に合った絵本であったり、その子が今はまっているものに合った絵本を選ぶことが

破ったりする行動を止める方法の一つにもなりますよ。

絵本を破ってしまう子への読み聞かせのコツ

まず環境づくりが大切です。

子どもは目に入ったものに気が向いてしまうことが多いですよね。

そのため、何もない部屋での読み聞かせや、視線の先には物を置かないようにします。

すると絵本だけに集中できるようになります。

読み聞かせの前に手遊びをするのもいいですよ。

手遊びでこれから楽しい時間が始まるよ~ということを子どもに伝えます。

そうすると「これから何が始まるのかな?」と自然とママに注目してくれるようになります。

絵本の読み方は抑揚をつけて読んであげるようにしましょう。

小さな子どもの場合は特に、抑揚をつけて読んであげることで読み手に惹きつけられる傾向があります。

今まで淡々と読んでいたというママは、読み方を少し変えてみると子供が読み聞かせを聞いてくれるかもしれません。

どうしても絵本をさわろうとするときは?

どんなにいろんな方法を試しても、子どもが絵本を触ってしまい集中してくれない…

そんなときは、逆にそれを生かしましょう!

感触を楽しめる絵本があります。

おすすめは、『ふわふわだあれ?』です。

ひよこやねこ、犬、羊などの動物をなでなでして手ざわりを楽しめる絵本となっています。

こういった絵本を読み聞かせの中に取り入れることで、

「さわっちゃだめ!」より 「さわっていいよ!」の時間を増やして

ママのストレスも減らして行きましょう。

読み聞かせのプロから学ぼう!

図書館の読み聞かせや、児童館や支援センターの先生の読み聞かせの会に

どんどん子どもを連れていきましょう。

やはりプロの方の読み聞かせは、勉強になることばかりです。

絵本の選び方や、雰囲気づくり、子どもへの問いかけの仕方など…

家にいるだけでは分からないことも、へぇ~そんな方法もあるんだ!!っと発見できるきっかけにもなりますよ。

ぜひ足を運んで、ママも読み聞かせについて学んでみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

絵本を破ってしまう子への読み聞かせのコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

絵本好きな子どももいれば、絵本の時間が苦手な子どももいます。

絵本好きにするには、その子に合った絵本を選び、絵本を読める環境づくりが大切です。

いろんな絵本にママも出会い、子どもに絵本の楽しさや面白さを伝えていってあげてくださいね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする