高速バスの子供料金は膝の上に座ったら無料?退屈したときは…

長距離の移動には「高速バス」がお得ですよね。

飛行機や新幹線は早くて便利ですが、何と言っても料金が高い・・・。

飛行機は早めに予約できれば半額くらいで乗れる時もありますが

新幹線は大した割引はないので、長距離の移動を料金で選ぶならやっぱり

高速バスですよね。

しかも、高速バスなら運転しなくていいし、眠っているあいだに目的地へ到着してくれますからね。

そんな高速バスですが、子供と一緒に乗る場合、色んな疑問がでてきますね。

料金はどうなるんだろう?

チャイルドシートは付けなくてもいいのかな?

子供を膝の上に抱っこして乗ってもいいのかな?

その場合、料金はどうなるんだろう?

など、子供と一緒に高速バスに乗る場合の疑問をサクッと解決しましょう!

スポンサーリンク

高速バスで子供を膝抱っこした場合の料金は?

高速バスの子供料金は、小学生(6歳~12歳)までは小人運賃となり大人の半額です。

小さな子供が大人の膝の上に抱っこされて乗る場合は料金はかかりません。

ただ、子供が一人で座席を利用する場合は、たとえ小学生未満でも小人料金がかかります。

これもバス会社によって料金の規定が違うので、利用されるバス会社に事前に確認をしてくださいね。

膝の上だったら料金がかからないからと、無理して数十キロの子供を抱っこして座っていると

やはり長時間は辛いものがあります。

私は1時間半、体重12キロの我が子を膝抱っこをして乗車しましたが

その時は寝てくれたので良かったのですが、これが膝の上で動かれたら

かなりしんどかったと思います。

ゆっくり快適に高速バスを利用するためには

一人で座れる子供なら、子供の分の席も確保しておいた方が賢明です。

高速バスに子供を膝抱っこして座る際の注意点

高速バスに小さな子供であれば膝の上に抱っこして乗ることができるということがわかりましたが

高速バスに乗るときはシートベルトを着用しないといけないので、

抱っこをする大人だけがシートベルトを締めて、その上から子供を抱っこします。

普段、子供が車に乗るときは、チャイルドシートやジュニアシートに乗せますよね?

では、なぜ高速バスは膝の上抱っこでもいいのでしょう?

それは、きちんと法律で決まっていて、

バスはいつチャイルドシートが必要な年齢の子どもが乗ってくるか分からず、

準備しておけないため、バスに乗るときはチャイルドシートが免除となっています。

でも、決して膝上抱っこは安全ではないので、その点は注意しておいてください。

また、子供を膝の上に抱っこして座る場合、

子供の足が前の座席に当たってしまうことがあります。

そうすると、前の方はリクライニングを倒せなくなってしまったり

子供の足が前の座席を蹴ってしまったりと迷惑になってしまう可能性もあります。

高速バスは思っている以上に 座席の間隔が狭いんです。

高速バスで長時間の移動になる方は、そういうところも考慮して

膝抱っこか、子供の分の座席もとるか、検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

子供を連れての高速バスについての疑問についてご紹介しましたが

いかがでしたか?

高速バスに子供と一緒に乗る時は、事前に準備しておくことが大切です。

子供がぐずってしまったとき

子供が退屈したとき

子供がお腹を空かせたとき

など、あらゆる場面を想定して

準備しておきましょう。

快適に高速バスに乗れるよう祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする