天使の4歳児とは?育児で気を付けることは?

毎日家事に仕事に育児にと一生懸命働いているママ、本当に尊敬します。

忙しい中で子どもと向き合う時間をつくることは簡単なようで難しいですよね。

そんな中、4歳児の子どもを持つママから、

4歳児は『天使の4歳児』と呼ばれていることを聞きました。

みなさんはその言葉を耳にしたことはありますでしょうか?

聞いたことはあるけど、内容はいまいち わからないという方もいますよね。

今回は『天使の4歳児』の意味と、

4歳児の育児真っ最中のママに、4歳児の育児で気を付けることをお伝えします!

スポンサーリンク

天使の4歳児とはどういう意味?

「魔の2歳児」、「悪魔の3歳児」はよく耳にしますよね。

しかし、天使の4歳児はあまり耳にしたことないですよね。

いったいどのような意味なのでしょうか?

天使の4歳児とは、まさに魔の②歳児や悪魔の3歳児の正反対であることです。

というのも、2歳や3歳で子どものイヤイヤ期は本当に大変だったと思います。

我が家の子どももイヤイヤ期がかなりすごくて、買い物も外に遊びに行くのも本当に疲れました…。

隣の芝生は青く見える、という言葉がありますがまさにその通り。

「なんであの子はちゃんとしているのにウチの子はこうなんだろう…」と悩むこともよくありました。

ママ友同士、奥深い話をしないだけで、実はたくさんのママが同じ悩みをもっているのです。

安心してくださいね。

子どもは必ず成長していきます。というか毎日成長しています。

3歳まで大変でも、4歳になると大人びたように見える時がくるのです。

それが天使の4歳児と呼ばれるゆえんです。

大変な思いをして子育てをしていたママは特に

4歳児の子どもが天使に見えるに違いありません!

おしゃべりも大人と同じように随分できるようになりますし、

何より保育園や幼稚園に入園し、手が離れることでママにも精神的な余裕が生まれます。

保育園や幼稚園のお迎えに行ったとき、自分の子どもがかわいく思えて仕方ないと思います。

離れている時間があると、会えた時に子どもがすご~く愛おしく思えますよね。

また、天使の4歳児は、ママへの愛情表現が上手になってきます。

ママとの時間を楽しみたくて、ママにたくさん話しかけてきます。

「なんで?」を連発してきて、鬱陶しいなんていうママもたまにいますが

そんな風に捉えないであげてください。

子どもとの会話をうんと楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

天使の4歳児の育児で気を付けること3つとは?

4歳児が少し大人びて見えてきたと思っても、まだまだたったの4歳です。

園では年少さん。端から見ると、やっぱり小さな体で可愛らしい姿に見えますよね。

ですが、3歳児までとは違った育児も取り入れていかなければいけません。

そこで天使の4歳児の育児で気を付けること3つを紹介します。

一つ目は、言葉の使い方です。

行動範囲が広がる4歳児は、たくさんの刺激を家以外で受けてきます。

中でも言葉遣いはすぐに真似して帰ってきます。

汚い言葉やキツイ言い方など、悪気はないけれど、なんとなく真似してみたいお年頃…。

しかし、ここでしっかり注意しましょう。

相手がどんな気持ちになるのかを、その都度伝えていくことが大切です。

小学生になる頃には、判断力も身につくので、汚い言葉も使わなくなりますよ。

二つ目は、思いを吐き出させることです。

言葉がたくさん出て、おしゃべりも上手になってくる4歳児ですが、

それでも自分の困ったことや悲しかったことなどは、

上手く言葉にできないこともまだ多いです。

ママになら安心して言えるという子どももたくさんいますよね。

家のお風呂に浸かりながら、ゆっくりと子どものことを聞き出してあげてくださいね。

最後は、子どもの意思を尊重することです。

おませな女の子は4歳児から増えてきます。

洋服選びに1時間もかかったなんていう話もよく聞きます(笑)

大人はつい子どもの意思決定を待たずに、

「〇〇にしなさい」など上から目線で決めつけがちですが、

子どもの意思を尊重することも大切なことです。

自分で決めるということができない子どもは、

社会人になったとき、自力で生きていけません。

生きる力が身につかないのです。

心配な気持ちもわかりますし、時間がなく忙しいママの気持ちもよくわかりますが、

我が子を想うなら、この3つをぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

天使の4歳児についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ちょっぴり大人になる天使の4歳児。

天使だからといって全く悩まないわけではありませんが、ママと子どもで会話もできるようになるので

楽しい時間が増えることでしょう。

育児で気を付ける点もいくつかありますが、あまり力を入れすぎず、のんびりと育児に向き合っていきましょうね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする