胃腸炎の子供と一緒にお風呂に入るとうつる?消毒は必要?

寒くなってくるとインフルエンザや風邪だけではなく、胃腸炎も流行りだしますよね。

胃腸炎って何よりも恐ろしい病気です…。

一度かかると、もうあんな経験は二度としたくないと思います。

それでも保育園や幼稚園、小学校では11月から3月ごろまで集団で流行ることもあるので

どうしても避けられない病気の一つでもあります。

今回はそんな胃腸炎にかかった子供と一緒にお風呂に入るとうつるのかどうかをご紹介します。

熱が下がったらお風呂に入れてもいいと思いますよね。

でも本当に大丈夫なのでしょうか?!

また、胃腸炎の子供が入ったあとのお風呂掃除には消毒は必要なのでしょうか?!

そんな疑問をまとめてみました!

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

胃腸炎の子供と一緒にお風呂にはいったらうつる?

熱が下がればお風呂に入れてあげたくなるものです。

汗を流し、頭皮もしっかりと洗ってあげたいですものね!

ひとりで入浴できる年齢であれば構いませんが、小さな子供であれば

ママやパパが一緒に入浴してあげないといけませんよね。

でも、胃腸炎にかかっていた子供と一緒にお風呂に入っても大丈夫なのでしょうか?

その答えは、『NG』です。

パパやママ以外にも、他の兄弟が一緒に入ることも絶対にやめておきましょう!

低年齢であればあるほど感染します。

また、抵抗力が衰えてきているお年寄りと入ることも避けてくださいね。

パパやママはお風呂には浸からず、入浴介助するだけにしておきましょう。

胃腸炎にかかった子供をお湯に浸からせる前には必ず、お尻をよく洗いましょう。

下痢の症状もあった場合は、入浴させる順番は家族の中で一番最後にしてくださいね。

スポンサーリンク

胃腸炎の子供が入ったあとのお風呂は消毒が必要?

胃腸炎の子供と一緒にお風呂に浸かるのはNGということでしたが、

胃腸炎の子が入った後のお風呂は消毒が必要なのでしょうか?!

もちろん『消毒が必要』です!!

まず当たり前ですが浴槽の水はすべて抜いてください。

そして浴槽やシャワー、蛇口、お風呂の床、洗面器や椅子、おもちゃ、扉、手すりなどもすべて洗います。

足ふきマットも洗濯してください。

バスタオルやマットの洗濯は、他の家族の洗濯物とは別にして洗いましょう。

そして、浴室は窓を開けて換気することが大切です。

可能であれば一日換気をして空気を入れ替えましょう。

消毒は、大幸薬品の『クレベリンスプレー』がおすすめです。

二酸化塩素分子のチカラでウイルス・菌・ニオイを除去してくれます。

インフルエンザやノロウィルスに効果的だと話題の消毒スプレーです。



中には自家製の消毒液を作っている方もいるようですが、正直、結構面倒ですよね(笑)

容器を購入したり、濃度を調整したり…

私は自分で作ると配分などが間違えていて効果が出ないのではないかと不安なので、

もう手っ取り早く購入しちゃいましたよ。

クレベリンスプレーは保育園や幼稚園、小学校などでもよく使われている

定番の消毒スプレーですので、ぜひ買っておいても損はありません。

お風呂の他にも、部屋で嘔吐した際や、トイレで嘔吐した際にもどこでも使えますよ~!

このクレベリンスプレーを浴槽にシュッとスプレーしたら換気をして終わりです。

消毒しないと菌が浴室に蔓延したままになり、次々に家族に感染していきます…。

掃除をする際はマスクとビニール手袋をして、掃除をする人自身も感染に気をつけてくださいね。

胃腸炎の子を浴槽に入れるのが心配な場合は、

シャワーのみで済ませてあげるのも良いと思います。

でも、その場合も同じように浴室の消毒をしてくださいね。

まとめ

胃腸炎の子供と一緒にお風呂に入るとうつるのか?についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

熱が下がったり、吐き気が治まったりしたらお風呂に入れてあげたくなるものですが、

絶対に誰かと一緒に浴槽に浸かることは止めておきましょう。

胃腸炎は、感染力が非常に強くて、あっという間に感染してしまうので、

家族は特に注意して過ごしてくださいね。

胃腸炎の子供が入った後のお風呂は必ず消毒をして、これ以上の感染は遮断していきましょう。

おすすめ記事
胃腸炎にハイターやアルコール消毒は効くの?
子供が感染性胃腸炎なら、トイレは気を付けて!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする