鯛の骨せんべいをパリパリに作る方法

鯛の骨と言えば「硬くて」「太い」イメージなので、骨を食べようなんて…

そんなことは考えないですよね。

だって喉につまったら激痛ですよ!

そんな鯛の骨、実は…

「せんべいのようにパリパリと食べれるってご存知ですか? 」

鯛の骨に軽く塩を振って15分放置します。

15分経ったらお湯をかけてきれいに洗い流します。

(このとき多少魚の身が付いてても気にしな~い、気にしない!)

このまま油でカリっと揚げてもいいですが、 一度骨を干して乾燥させてから揚げるほうが、よりサクサクになります。

そのまま揚げる場合は、よく水気を拭き取り120℃の油で15分ほど揚げましょう。

その後さらに油の温度を180℃に上げて、カリっといい色まで揚げます。

さっと短時間で揚げるのではなく、じっくりと時間をかけて揚げるのがポイントです。

鯛の他にも 「 あじ 」「いわし 」 「さんま 」 の骨でも美味しい骨せんべいが作れます。

今まで魚の骨は捨てちゃってたという方、もったいなーい!!

これからは骨まで全ー部いただきましょうね!

骨を干すのがめんどう!という方は、トースターで水気を飛ばす方法試してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする