ハロウィンって何?仮装やTrick or Treatの意味は?

ここ数年で日本でも『ハロウィン』が浸透し、

定着しつつありますね。

年々賑わいが増しているハロウィンですが、

今年はどんな仮装をしようかと考えるのも

楽しみの一つですね。

ハロウィン=仮装の日

みたいになっているところがありますが、

そもそもハロウィンって何の日か知っていますか?

子供に聞かれたけど答えられなかった方のために

ハロウィンとは何か?簡潔にご説明しましょう。

スポンサーリンク
 

ハロウィンって何の日なの?

秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す

宗教的な意味を持つ行事です。

今は宗教的意味合いは薄れ、

お祭りのようなイベントとして親しまれていますね。

スポンサーリンク

ハロウィンに何で仮装するの?

古代のケルト人は、10月31日は亡くなった人たちの魂がこの世に帰ってくる日と考えていました。

まるで、日本でいうお盆みたいですね。

その時に悪魔たちも一緒にやって来て、

悪さをされないように、同じ悪魔などの姿に仮装して

仲間と思わせて難を逃れようとしたのが始まりと言われています。

だから、幽霊やゾンビなどの、怖い系の仮装が主流なんですね。

ハロウィンのジャック・オー・ランタンってどういう意味があるの?

ハロウィンの時によく見かけるのが、かぼちゃに目や口をくり抜いて、

なかにロウソクを灯したかぼちゃのおばけですね。

この明かりがハロウィンの夜に家を照らし、

良い霊を呼びこみ、悪い霊を遠ざけてくれる役目があります。

だから、ハロウィンの夜には、多くのジャック・オー・ランタンが飾られているんですね。

また、日本では、このジャック・オー・ランタンが飾られている家には

お菓子をもらいに行けるという目印的役割があります。

「 Trick or Treat! 」 にはどんな意味があるの?

外国ではハロウィンの夜、子供たちが

「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」

と言いながら、近所の家をまわり、お菓子をもらうのが風習となっています。

この「Trick or Treat」は「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!」

という意味で使われています。

子供たちが「Trick or Treat!」と尋ねてきた時には、

「Happy Halloween!」または「Treat!」と

答えてお菓子をあげましょう。

これで、いつ子供からハロウィンについて聞かれても大丈夫ですね。

ハロウィンは、どういう理由で始まったのか、

どういう意味のイベントなのか知ると

よりハロウィンを楽しめそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする