成長した甥、姪へのお年玉はいつまであげる?

新年を迎える準備で、年の瀬は本当に忙しいでしょうが、

体調崩されていませんか?

一年の疲れがドッと押し寄せてくるかもしれないので、

十分気を付けて下さいね。

ところで、いつの間にか、甥っ子、姪っ子も成長していて、

気付くと大学生になっていた。

とか

社会人になっていた。

なんてこともあるかもしれません。

可愛かった甥っ子、姪っ子も大人になったんだな~と

スポンサーリンク

感じていたら、ふとお年玉はどうなるんだろう?

という疑問が出てきました。

そこで、成長した甥っ子、姪っ子へのお年玉はいつまであげるのか?

をご紹介します。

スポンサーリンク
  

成長した甥、姪へのお年玉はいつまであげる?

・高校を卒業するまで

・20歳の誕生日を迎えるまで

・大学、短大、専門学校を卒業するまで

・就職が内定するまで

など、いつまでお年玉をあげるかは、いろんな意見があります。

”大人になるまで”という暗黙のルールはありますが、

結局、「大人」ってどの部分で判断するかは自分次第なんですよね。

だったら、

「○○歳まで」とか、

「高校卒業するまで」とか、

ハッキリ決めておいた方が

あげる側にとっても、もらう側にとってもいいですよね。

ちなみに、1番多いのは「高校を卒業するまで」という意見でした。

高校卒業すると、だいたい進学組か、就職組に分かれますよね。

また、進学組も、大学に行くか、専門学校に行くかで、年数が違ってきます。

不公平にならないためには「高校卒業するまで」というのが

1番ベストなタイミングなんです。

いきなり、お年玉をあげなくなるのは、甥っ子、姪っ子をガッカリさせてしまったり、

変な心配をかけてしまう(お金ないのかなぁ~?など(笑))ことにもなるので、

前もって、「お年玉は今年が最後だよ!」ってことを伝えておいた方がいいですよ。

可愛い甥っ子、姪っ子へのお年玉は、親戚間で話し合って、いつまでにするか

ハッキリ決めておくことが大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする