年賀状を出し忘れてしまった上司や目上の方へ、お礼とお詫びは書くの?

新年あけましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます



元旦に届く年賀状を見ていたら

あっ!この人に年賀状出してない!!!!

どうしよ~。

なんて時ありませんか?

年賀状の出し忘れをしてしまったとき

本当に焦りますよね。

しかも、それが上司や目上の方だった場合、

新年早々、冷や汗ダラダラですね。

でも、大丈夫!

上司や目上の方に年賀状を出し忘れてしまってお困りの方に、

目からウロコのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

年賀状を出し忘れてしまった上司や目上の方、どうすればいいの?

年賀状を出し忘れてしまった上司や目上の方から年賀状が届いた場合、

一刻も早く年賀状を出したいものです。

というのも、年賀状は出せる期間が決まっていて、

その期間を過ぎると、”年賀状”ではなく、”寒中見舞い”になってしまいます。

目上の方へ寒中見舞いを出すのは、大変失礼にあたります。

何が何でも年賀状が出せる期間までに届くように投函しましょう。

スポンサーリンク

では、年賀状が出せる期間とは、一体いつまでなんでしょうか?

一般的には”松の内まで”と言われています。

つまり1月7日までですね。

1月7日までに相手に届かなければなりません。

だから、出し忘れてしまった上司や目上の方から年賀状をもらった場合には

一刻も早く年賀状を出すようにしましょう。

年賀状を出し忘れた上司や目上の方へお礼やお詫びは書くの?

出し忘れてしまった上司や目上の人から年賀状をもらった場合に、

気を付けるポイントは1つです。

元旦に届くようにきちんと年賀状出していましたよ!

というスタンスで書きます。

そう!昨年、必死に大量の年賀状書きましたよね?

それそれ!それと一緒でいいんです。

御礼やお詫びも無しだなんて、失礼では?

と思いがちですが、上司や、目上の方から先に

年賀状をもらうこと事態がそもそも失礼なのです。

そのことに対して、お礼やお詫びをすることは

さらに失礼になってしまうから、お礼やお詫びは書かないようにしましょう。

だから、年賀状が遅れてしまったことには触れず、

あたかも元旦に届くようにちゃんと出してましたよ!

と見せるのがポイントです。

そして、これが通用するのが松の内までです。

松の内までに出した年賀状には郵便局の消印が押されません。

だからいつ投函したのかは、その年賀状を見てもわからないんです。

松の内までに届けば、受け取った方も配達が遅れたんだろなぁ~

と思うのではないでしょうか。

松の内が過ぎた1月8日以降に投函したものから消印が押されるので、

その場合は、年賀状ではなく、きちんと寒中見舞いを書くようにしましょう。

まとめ

新年の挨拶として、年賀状の出し忘れは避けたいものですが、

忘れたものは悔やんでも仕方ありません。

年賀状を出し忘れてしまった上司や目上の方から年賀状が届いた場合でも、

ポイントと、期限さえ守れば、大丈夫です。

ちょっと不安になるかもしれませんが、

失礼のないようにするには、その方法が1番ベストなんです。

さあ!松の内までに間に合うように年賀状を投函してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする