寒中見舞いの書き方と文例 【年賀状の返事が遅れたとき】

年賀状を出していない人から年賀状が届いたら、

とにかく一刻も早く年賀状を返したいですよね。

でも、帰省や旅行などで長期間家を空けてしまったら

必然的に年賀状の確認が遅れてしまいます。

そんなとき、どうすればいいのでしょう?

年賀状の返事を出すのが遅れてしまった場合のこと

ご紹介します。

スポンサーリンク

寒中見舞いの書き方と文例

年賀状の返信が松の内(1月7日)を過ぎてしまったときは、

”寒中見舞い”を出します。

寒中見舞いを出せるのは松の内(1月7日)から立春(2月4日)までです。

なので、寒中見舞いの投函は1月中にはするようにしましょう。

では、寒中見舞いの内容をご紹介します。

スポンサーリンク

まず、寒中見舞いにはどのような内容を書いたらよいのでしょう?

一般的には

・ 寒中見舞いの言葉
・ 相手の健康を喜ぶ言葉
・ 年賀状へのお礼とお詫び
・ 簡単な近況
・ 締めの挨拶

を書きます。

文例を見てみましょう。

文例①

寒中お見舞い申し上げます
皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしとのことと心よりお慶び申し上げます
丁寧なお年賀状をいただきながら ご挨拶がおくれまして大変失礼いたしました
おかげさまで家族一同 元気に暮らしております
今年も変わらぬお付きあいのほど どうぞよろしくお願いします
平成〇〇年1月

文例②

寒中お見舞い申し上げます
新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまいました 誠に申し訳ございません
厳寒の折 風邪など召されませんようご自愛ください
今年も宜しくお願い申し上げます
平成〇〇年1月

とこのような形で書けば大丈夫です。

呉々も、遅れた理由などをダラダラと書かないようにしましょう。

読むほうも、いい気持ちはしません。

”簡潔に謝り!”

”簡潔に締める!”

というのが寒中見舞いを書くポイントです。

まとめ

年賀状を出してない相手から年賀状が届いていて

返事が松の内を過ぎてしまったときは

”寒中見舞い”を出すようにしましょう。

寒中見舞いのポイントは

「簡潔に」

を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする