節分の豆まきの基本的なやり方と、何時頃にする?

2月3日は「節分」ですね。

節分には無病息災を願って”豆まき”は欠かせません。

住んでいる地域や、家庭によって”豆まき”のやり方は若干違いますが、

豆まきの基本的なやり方や、豆まきをする意味など、

ご紹介します。

なんとな~くやる”豆まき”はもうおしまいです。

スポンサーリンク
  

節分の豆まきの基本的なやり方は?

まずは、豆まきの基本的なやり方について見てみましょう。

基本的な豆まきのやり方

①福豆を用意します

節分の時期になると、「福豆」をスーパーでよく見かけますね。

福豆を用意する時に気を付けてほしいのが

「炒った豆」であること。

生の大豆のまま豆まきをして、後片付けの際、その豆を拾い忘れて、

もしその豆から目が出ると縁起が悪いと言われています。

だから必ず炒った大豆で豆まきをするようにしましょう。

恐らく、スーパーで売られている大豆のほとんどは、

炒った状態のものですが、念のため、まく前に確認しておきましょう。

豆が用意できたら、三方に入れて神棚にお供えしておきましょう。

三方とはこんなのです。

スポンサーリンク

神棚や三方が無いという家庭もあるかと思います。

その場合は、盛り塩と一緒に、家にあるお皿に福豆を入れてお供えしておけば大丈夫です。

②「鬼は外~福は内」と豆をまきます

子供がいる家庭なら、お父さんが鬼のお面を付けて鬼に扮し、

子供が豆をまいて、鬼を退治する

というやり方をされていると思います。

でも、本来の豆まきは「家長」が行うものなんです。

「家長」、そう!お父さんが豆をまく側だったんです。

でも、豆まきを季節行事として楽しむなら、誰が豆をまくかなんてこだわらず、

家族みんなで楽しめれば、それでいいんです!

豆まきの基本的なやり方

「鬼は外~福は内」と大きな声を出しながら豆まきをします。

1,まずは玄関の内側
玄関の内側から外に向かって「鬼は~外」と言いながら3回まきます。
鬼がビックリして逃げていくぐらい、元気のいい掛け声を出しましょう。

2,各部屋の窓から
次は、各部屋の窓から外に向かって「鬼は~外」と言いながら3回まきます。

3,玄関の外側から
玄関に戻って、玄関の外から家の中へ向かい「福は~内」と言いながら3回まきます。

4,各部屋をまわる
部屋にまくときは、部屋の入り口から部屋の中に向かい
「福は~内」と言いながら3回まきます。

出来れば、お風呂やトイレもまきましょう。

③豆を食べます

家中の豆まきが終わったら、今年1年の厄除けを願って福豆を食べます。

この時、いくつ食べていますか?

食べる豆の数は”数え年の分”です。

つまり、『自分の年齢+1個』です。

豆を食べることで、福豆を直接身体に取り入れ、

「1年間、健康で過ごせますように」という願いを込めて

豆を食べます。

豆の数が多すぎて食べきれない場合は、茶碗に豆を入れ
熱いお茶を注いでお茶だけ飲んでもいいとされています。
また、取っておいてから、おやつ代わりに食べるのもありです。

北海道・東北・信越地方では、大豆の代わりに落花生がまかれています。

落花生なら、まいても汚れないし、後片付けがとっても簡単なのがイイですね。

落花生の豆まきが楽だと聞いて、大豆から落花生に乗り換える家庭も少なくありません。

豆まきは何時頃にする?鬼が来るのは真夜中!?

鬼は真夜中に来ると言われているので、基本的には豆まきは夜に行います。

ただ真夜中だと子供も寝ているし、近所にも迷惑になってしまうので、

現実的ではありませんよね。

実際には、夜ご飯を食べる前か、後に行います。

豆まきをして邪気を祓ってから恵方巻にかぶりつくのが理想です。

より福を呼び込めそうな気がしますね。

まとめ

毎年何となく行っていた節分の豆まき、正しいやり方と意味があったんですね。

豆まきの目的は、1年間の厄除けと健康を願ってするものなので、

そこさえわかっていれば、忠実に正しいやり方で行わなくても大丈夫です。

季節行事として、みんなで楽しんでやるのがいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする