子供がチャドクガに刺された!赤いブツブツと強烈な痒み、鎮める方法は?

チャドクガの幼虫に刺されると、赤いブツブツと気が狂いそうなほどの痒みに襲われます。

そんなチャドクガの幼虫に子供が刺されてしまったらどうしますか?

スポンサーリンク

子供がすごく痒がってるとき、私はいつも

「掻いちゃダメ!叩きなさい!」って言ってます(笑)

子供って容赦なく掻いちゃうから、血が出るまで掻いちゃうんですよね。

そして次は(掻き過ぎて)痛~い!ってなっちゃうし・・・。

まさに負の連鎖です。

でも、チャドクガの幼虫に刺されると、「掻いちゃダメ!叩きなさい!」も通用しない程の

強烈な痒みに襲われます。

想像するだけでも痒くなってきちゃいますね。

大人でも気が狂いそうになるほどです。

それが子供ならどうでしょう・・・。

そんな時のために、チャドクガの幼虫に刺された時の対処法についてお伝えします。

チャドクガで子供の腕に赤いブツブツと強烈な痒み。どうする?

チャドクガに刺された時には慌てず、応急処置ができるよう
その方法についてご説明します。

【チャドクガに刺された時の応急処置】

① まずはチャドクガの毒針がまだ刺さっているようなら抜いてあげましょう。
抜くのが難しい場合は、粘着テープを刺されたところ周辺に貼り、一気にはがしましょう。
毒針が刺さったまま掻いてしまうと、毒針が奥へ奥へと入り込んでしまうので、
毒針を早く抜いてしまいましょう。もしも、毒針をそのままにしておくと、
強烈な痒みに4週間近く襲われしまうので十分注意して下さい。

② きれいな水で洗い流しましょう。
刺された辺りにまだ毒針が残っているかもしれないので、きれいに洗い流しましょう。
この時、着ていた洋服や下着にも毒針がついている可能性が高いので、すぐ洗濯しましょう。

応急処置が済んだら、すぐに病院を受診しましょう。

一刻も早く子供の痒みを鎮めるにはどうすればいいの?

子供が痒がって仕方ない時は、とにかく冷やしてあげましょう!

痒がっている部分にアイスノンや、保冷剤などを当てて冷やしてあげましょう。

そうすることで痒みがだんだんと鎮まっていきます。

保冷剤が冷たくなくなると、また痒みが出てくるので、冷えた保冷剤が切れないよう

ストックしておきましょう。

また、冷水で洗ってあげるのもいいですよ。

スポンサーリンク

痒みで冷静を失っているようだったら、痒い部分だけではなく

身体全体を冷やしてあげるといいですよ。

取り合えず、痒みを鎮めるためには『冷やす』のが1番効果的です。

冷やすのは逆効果という意見もあるようですが、うちのお姉ちゃんがチャドクガの幼虫に

刺された時は、冷やすことで痒みが鎮まり、気分も落ち着きましたよ。病院から処方された

痒み止めでは完全に痒みが止まらなかったので、とにかく痒がる時は冷やしてあげていました。

赤いブツブツと痒み、もしかしてチャドクガの幼虫に刺された?

ある夏の日の夕方、うちの小学生のお姉ちゃんが「痒~い」と言って

腕を掻き出したんです。見てみても何もないし、どうもなっていなかったので

汗疹だろうと取り合えず軟膏を塗っておきました。

すると数時間後、すごく痒がるので、もう一度見てみると、腕に赤いブツブツが

できていました。汗疹か虫刺されだろうと、また軟膏を塗っておいたら、

その日の夜、その赤いブツブツが無数に腕、背中、腹と広がっていたんです。

これはただ事ではないと、皮膚科へ連れて行きました。

先生はブツブツを見るなり「毛虫だね~。痒かったでしょう。」と。

毛虫(チャドクガの幼虫)とは?
チャドクガとは、毛虫の一種で、その幼虫が4月から10月にかけて大量発生します。
主にツバキや山茶花(サザンカ)に生息しています。
チャドクガには、目で確認できないくらいの細~い毛が100万本もあり、この毛に毒があるんです。
毛に触れたら毒針に刺されたのと同じです。だから直接触っていなくても、風に飛ばされてきた毛に当たるだけで、
チャドクガの毒におかされてしまうんです。
チャドクガに刺された直後には、ほとんど自覚症状はありません。(うちのお姉ちゃんもそうでした。)
数時間してから赤いブツブツと痒みが出てきます。痒みは次第にひどくなり、狂いそうなほどの痒みになっていきます。

毛虫に刺された記憶もなければ、毛虫を見た記憶も無いお姉ちゃん。

一体どこで??と首をかしげていると、先生が「毛虫に刺されていなくても

毛がついただけでこうなるんだよ。だから木の近くは気を付けてね。」と。

そうなんだ!!でも、そう考えると今まで何事もなく無事に過ごしてきたことが奇跡のように感じました。

お姉ちゃんは日ごろから活発に外で遊ぶ子なので、木登りなんて日常茶飯事なんです。

これを期に、木登りは卒業してくれるといいんだけど・・・と願う母さん。

でも、うちのお姉ちゃんは、めげずにまた登るんだろうな~、あの木に・・・。

チャドクガの幼虫に刺されると、2~3週間ほど続くと言われている強烈な痒み、

病院から処方されたお薬のおかげで1週間ほどで痒みはおさまりましたよ。

痒みがすごい時の過ごし方と服装

まずは病院を受診することが先決ですが、休日で病院が開いてない、

夜遅くて病院閉まっちゃってるって時は、まず痒い部分をこまめに冷やしてあげましょう。

そして、なるべく長袖、長ズボンを着させて、皮膚を直にかけないようにしましょう。

子供が寝てからも、ブツブツが出てる部分をたまに触ってあげて、熱いようなら、保冷剤で冷やしてあげましょう。

1回掻くと、痒みが増していくので、掻かないように気を付けてあげましょう。

まとめ

子供がチャドクガに刺されてしまったときは、

チャドクガの針を抜き

きれいに洗い流す

っということが大事でしたね。

そして、痒みを訴えてきたときは、

まず冷やす

これさえ覚えておいたら大丈夫です!

何はともあれ、チャドクガに刺されないことが1番です。

極力、ツバキや山茶花には近づかないようにしましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする