ホットプレートを使ったチーズフォンデュのやり方。温度と皿が重要!?

だんだんと寒くなってきましたね。

こんな寒い日には、みんなで鍋を囲んで温まりたいですね。

今、すっごく評判になっているチーズフォンデュ鍋ですが、

専用の鍋がなくてもできるってご存知でした?

実は、どこの家庭にもある、あるものでできちゃうんです。

それは『ホットプレート』です。

ホットプレートでチーズフォンデュ?

なんだかイメージ湧きませんよね?

では、さっそくホットプレートでのやり方を見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

ホットプレートでチーズフォンデュ!?やり方を解説

ホットプレートでチーズフォンデュができるってご存知ですか?

そう!

あの平らなホットプレートです!!

きっとあなたの家にもありますよね!?

そのホットプレートでチーズフォンデュができちゃうんです。

とっても簡単なので今日の晩ご飯は”チーズフォンデュ”にしませんか?

では、用意するものをご紹介しましょう。

用意するもの

  • ホットプレート
  • 耐熱性の皿

はい、これだけです。

あとはチーズフォンデュの材料をそろえれば、いつでもできます。

やり方

① チーズを溶かします。

② ホットプレートを高温に温めます。

③ ホットプレートの温度が高温になったら保温にします。

④ ホットプレートの真ん中に溶かしたチーズを置くので、その周りにフォンデュするお好きな具材を並べます。

⑤ 溶かしたチーズを真ん中に置きます。

出来上がりです。

ホットプレートの熱で具材を温めながらチーズフォンデュを楽しむことができます。

バケットは、ホットプレートに並べておいたら、カリカリになって、

カリカリとトロトロの組み合わせが絶妙のハ~モニ~になりますよ♪

また、チーズフォンデュって、実はすご~く温度調節が難しいんです。

高すぎると焦げちゃうし、低すぎると固まっちゃうし・・・

その点、ホットプレートの“保温”なら、焦げる心配も無いし、

チーズはいつでもアツアツ、トロトロの状態で堪能できるという訳です。

むしろ、専用のチーズフォンデュセットでするより、

ホットプレートの方がゆっくり熱々を堪能できるので、おすすめです。

ホットプレートでチーズフォンデュをするなら温度が重要!

ホットプレートでチーズフォンデュをするとき、

絶対に気を付ける点は「温度」です。

最初にホットプレートを温めるときに高温にしますが、

温まったら必ず保温にしましょう。

この保温が重要なんです。

ホットプレートの保温の温度は100度くらいです。

恐らくあなたのお家にあるホットプレートもこのくらいでしょうか?

この100度はガスの弱火よりも低い温度です。(ガスの弱火はだいたい140度くらい。)

ガスの弱火で温め続けると、チーズを入れている皿や鍋の底が焦げ付いてしまいます。

だから定期的に底からかき混ぜないといけません。

でも、ホットプレートの保温なら、それより低い100度で温め続けることができるので、

焦げ付く心配も無く、冷める心配も無いんです。

しかも、かき混ぜる手間もいりません。

保温という所だけきちんと守れば、アツアツ、トロトロのチーズフォンデュを堪能できますよ。

スポンサーリンク

ホットプレートでチーズフォンデュ!どんな皿に入れるの?

チーズフォンデュをホットプレートでするなら、チーズを入れる皿は、

深みのある耐熱性のものを使うようにしましょう。

  • グラタン皿
  • ココット皿
  • 小さめの鍋
  • 小さめの土鍋
  • ガラス皿

など・・・

耐熱性のものであれば何でも大丈夫です。

ホットプレートの上に置くので、グラグラせず

安定している皿がいいですね。

また、ホットプレートの上に直に置くと、

何かの拍子でホットプレートにキズがついてしまう事も

考えられるので、心配な方はアルミホイルを皿の下に

敷くといいですよ。

アルミホイルなら熱を通すので、ホットプレートの熱が皿に伝わります。

面倒な温度調節もいりません。

皿もグラグラ動かなくなり、安定するので便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

チーズフォンデュをするなら、ホットプレートが簡単便利でしょ!?

専用のチーズフォンデュセットで雰囲気を楽しむのもいいですが、

最終的には「味」と「手間」が勝負です。

さぁ、さぁ!!!

お口がチーズを欲していませんか?

今日はチーズフォンデュで決まりですね!?(笑)

おすすめ記事:チーズフォンデュ鍋はステンレス製や土鍋でもOK?家にあるもので代用
       チーズフォンデュレシピ簡単編~本格編。フォンデュにはチーズ以外も!

スポンサーリンク