インフルエンザの予防接種は1歳未満だとできない?

毎年流行するインフルエンザ。

予防接種を打っておけば、もし感染しても、軽い症状で済みます。

スポンサーリンク

だから予防接種の時期になったら必ず打っておきたいですよね。

そんなインフルエンザの予防接種は、1歳未満の子でも打てるのでしょうか?

1歳未満と言えばまだ乳児期です。そんな未熟な体にワクチンを接種しても大丈夫なのでしょうか?

そこで、インフルエンザの予防接種は1歳未満だと打てないのかご紹介します。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの予防接種は1歳未満だとできない?

結論から言うと、

「打てます。」

生後6カ月を過ぎれば打てることになっています。

ただ、1歳未満の子には、ワクチンの効果はあまり認められていない

とも言われています。

では、ワクチン効果があまりないのに予防接種を受ける人がいるのでしょう?

それは、保育園などで集団生活をしていると、インフルエンザに感染しやすくなるからです。

仕事をしているママで、なかなか仕事を休めないという方は

1歳未満の子供でも予防接種を受ける方が多いようです。

インフルエンザの脅威は、一人でも感染すれば、たちまち周りが感染してしまうところです。

だから集団生活をするうえで予防接種はいわばエチケットです。

一人一人が気を付けて感染のリスクを減らさなければいけません。

1歳未満の子供がインフルエンザの予防接種をする場合は

かかりつけの病院で相談してからしましょうね。

スポンサーリンク