インフルエンザ予防接種の予約はお済ですか?最も効果的な接種スケジュールとは?

そろそろ今年もインフルエンザの予防接種の時期が近づいてきましたね。

子供たちにとっては恐怖の注射が待っている嫌~な時期です(笑)

早いところは既に接種を始めているところもあるみたいです。

えっ!早すぎでしょ?と思われたママ、

いいえ!早すぎるということはないんですよ。

スポンサーリンク

私も先日、病院へ予約の電話を入れましたが、

既にワクチン不足で予約を断ってるそうです!!(驚)

でも、翌月からまたワクチンが入ってくる予定らしいので、

1番インフルエンザが流行するドンピシャの時期にあわせて

予防接種が受けられそうで、ホッと一安心です。

インフルエンザの脅威から逃れるため(軽減するため)には

予防接種を打つ「時期」というのが結構重要になってきます。

そこで、今年もインフルエンザに屈することなく

家族みんなが元気に過ごすため、

『最も効果的なインフルエンザ予防接種スケジュール』をご紹介します。

  

最も効果的なインフルエンザ予防接種スケジュールとは?

インフルエンザが最も流行する時期は12月下旬~3月上旬です。

地域によって多少前後しますが、全国平均でみると12月下旬~3月上旬が

ピークとなっています。

ということは、このピークの時期に抗体が出来上がっている状態にしなければいけません。

生後6カ月~12歳までの子供は、インフルエンザの予防接種を2回打たなければなりませんね。

そして、2回の予防接種が完了したらすぐに効果が出るのではなく、

2回目の接種から効果が現れるまでに2週間ほどかかります。

だから2回目は12月の第2週までには打っておいた方がいいです。

そうすると、1回目はその4週間前なので、11月の第2週までに打つのがいいです。

しかし、これはあくまで「までに」という最低ラインなので、

できることなら『1回目は10月下旬、2回目はその4週間後』が最も効果的なスケジュールです。

そんなに早くに打ったら、インフルエンザのピークの時期に効果が切れちゃうんじゃない?

と思われたママもいるかもしれませんが、ご安心を!

インフルエンザの予防接種の効果は約5カ月持続するんですよ。

だから早く接種するに越したことは無いんです。

このスケジュールで行けば、インフルエンザの流行する時期に

ドンピシャで効果が現れますよ。

では、おさらいです。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種スケジュール

・ 9月中にインフルエンザ予防接種の予約電話をする(10月から予約受付と断られることもあります)

・ 10月下旬~11月第2週までに1回目のインフルエンザ予防接種

・ 1回目から4週間後に2回目のインフルエンザ予防接種

早め早めの行動を心がけましょうね。

もし接種が遅れたらどうすればいいの?

最も効果的なインフルエンザ予防接種のスケジュールをご紹介しましたが、

忙しくてすっかり忘れてた!

予約がいっぱいで遅い時期にしか予約が取れなかった!

と出遅れてしまったと焦っているママ、焦らなくても大丈夫ですよ!

インフルエンザの予防接種は生後6カ月~12歳までの子供は2回打たなければなりませんよね。

1回目と2回目のあいだは4週間あけないといけないことも先程ご説明しましたね。

でも、1回目と2回目のあいだは実は1週間以上空いていれば接種は可能なんです。

ほとんどの病院が4週間あけることを推進されているので、

いつの間にか「4週間あけないといけない」という頭になってしまっているんです。

というのもインフルエンザの予防接種は「不活化ワクチン」だからです。

不活化ワクチンとは
細菌やウイルスを殺す免疫(抵抗力)をつくるのに必要な成分を取り出して
毒性をなくして作ったものなので、接種したワクチンから感染症になるような副反応は現れません。
そのため、間隔をあまり開けずに、具体的には6日以上開ければ、次の予防接種を受けることができます。

そうすると、2回目の予防接種は12月の第2週までに間に合いそうですか?

でしたら、病院に一度相談してみましょう。

年末年始に帰省などで公共の交通機関を使う予定の方は

特に12月上旬には予防接種を済ませておきたいですね。

予防接種はかかりつけがいいの?

お子さんのインフルエンザ予防接種は、毎年かかりつけの小児科で受けていると思います。

小児科は接種の前に必ず内診があるので安心ですよね。

でも料金がちょっと高くないですか?

インフルエンザの予防接種は保険適用外なので、10割負担というのは皆さんご存知ですよね。

中には、ご主人の勤務先から補助があるという方もいるかもしれません。

うちも満額とまではいきませんがちょぴっとだけ補助があります。

だから、どうせ予防接種するなら安く済ませたいというのが本音です。

でも、普通の内科でやっても大丈夫?という疑問が出てきます。

内科は検温はあるものの、内診的なものはほぼ無いです。

しかも、流れ作業のように接種していくので

私の経験上、お子さんがまだ小さいうちはおすすめしません。

私が無知だったあまり、うちの下の子は1歳で内科デビューしてしまいましたが、

それはそれは初めての時は驚きましたよ!

えっ!内診しないの?

もう打つの?

ってな感じで、驚いている間に終わってしまいました。(チーン。)

しかも、下の子は卵アレルギーの疑いもあったので。

もし、副作用が出たりしたら・・・

今考えると恐ろしくなってきます。

その点、かかりつけの小児科の先生なら、アレルギー歴もわかるし、専門医なので、安心です。

だから、特にアレルギーがある子は、料金が高くても

かかりつけの小児科で予防接種することをおすすめします。

まとめ

インフルエンザの予防接種は早め早めの行動が大事です。

出遅れると、ワクチンが足りない状況に陥ってしまうことも・・・。

そうならないためにも余裕をもって計画を立てましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする