真っ黒な上靴の汚れの落とし方は漂白!?汚れる前の防止方法もご紹介

小学校から持ち帰ってきた上靴の汚れ、はじめて見た時ビックリしませんでした?

こんなに小学校って汚れてるの!?っと驚くほどでした。

あの汚れをいつも見る度に小学校が怖くなります・・・。

そんな上靴の汚れ、なかなか洗剤だけでは落とせないですよね。

上靴の汚れに効果があると評判だった固形石鹸を使ってみましたが、正直イマイチでした。

有名雑誌にも取り上げられていたから期待していたんですけどね・・・。

そんな頑固な上靴の汚れをキレイに、しかも簡単に落とす方法があったんです。

その方法だと小学生でも楽に汚れが落とせますよ!

では、その方法とやらをご紹介しますね。

スポンサーリンク
  

真っ黒な上靴の汚れの落とし方

では、早速「真っ黒な上靴の汚れの落とし方」をご紹介します。

上靴がスッポリ入るくらいの洗面器やバケツにお湯を溜めます。

そこに小さじ2~3杯の「重曹」を入れて溶かし、その中に上靴を入れて10分ほど放置した後、いつも通り洗剤で洗えばみるみる汚れが落ちていきますよ。

子供の力で洗ってもキレイに汚れが取れます。真っ黒な靴底を洗う時なんか、その洗浄力に驚くはずです。

正に真っ黒から真っ白に変わる瞬間を見れますよ。

これだったら、子供もすすんで上靴洗いをしてくれます。家のお姉ちゃん、あまりにも簡単なので、弟の分の上靴まで洗ってくれます。

とっても簡単なので、ぜひ試してみて下さい。

真っ白な上靴にするために漂白しても大丈夫?

真っ黒な上靴の汚れを落として真っ白にするためには「漂白」はしても大丈夫なのでしょうか?

漂白剤には”塩素系”のものと、”酸素系”のものがありますが、塩素系の漂白剤は色が変色してしまう可能性があります。

酸素系なら変色はありませんが、思いのほか汚れが落ちません。

せっかく一晩浸け置きしたのに汚れがいまいち取れなかったら最悪です。

だから、上靴を酸素系漂白剤で洗うことは大丈夫ですが、おすすめはしません。

上靴の汚れを防止する方法

せっかく上靴の汚れがきれいに落とせたのに、来週にはまた真っ黒になって帰ってくると思うとなんだか悲しいですね。

どうにかこの白さをキープできないのでしょうか?

白いままとなると難しいかもしれませんが、ある程度汚れを防ぐことができる方法があるんです。

この汚れを防止する方法をしていれば、汚れにくく、また汚れが落ちやすくなるので試す価値はあると思いますよ。

方法は3つあります。

1つ目は「のり付け」する方法。洗い終わった後に、洗濯用のりを洗面器などに水で溶かし、その中に上靴を浸けます。

それから乾かすと、汚れがつきにくくなります。

2つ目は「リンス」を付ける方法。洗濯用のりと同様、リンスを水に溶かした中に浸けて乾かすだけです。

汚れが落ちやすくなります。

3つ目は、「ベビーパウダー」をつける方法です。この場合は、完全に乾いてからベビーパウダーを上靴全体にはたきます。

余分な粉は落としてくださいね。繊維の隙間にベビーパウダーが入り混むことで汚れを防ぎます。また、汚れたとしてもベビーパウダーの上からの汚れなので、洗う時に楽に落とせます。

これらの3つの内どれかは必ず家にあるものなので、あるもので試してみて下さい。

次回からの上靴洗いが劇的に楽になりますよ!

「重曹」には他にもこんな使用方法が!

スポンサーリンク

まとめ

真っ黒な上靴の汚れの落とし方と、上靴の汚れを防止する方法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

真っ黒な上靴の汚れが簡単に取れる方法は、洗っていて気持ちいいほどの洗浄力です。

この方法を知ったら、もう他は試せません。

関連記事
靴下汚れを劇的に落とす方法

強烈な靴下のニオイを落とす方法

重曹って種類が色々あるけど、どれを選べばいいの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする