日本脳炎予防接種 第1期追加忘れてませんか?

先日、4歳の息子の日本脳炎第1期追加の注射に行ってきました!

予防接種のスケジュール管理って本当に面倒ですよね。

しかも、接種から数カ月とか、1年とかあいてしまうとうっかり忘れてしまいます。

実は、私も息子の日本脳炎の第1期追加のことすっかり忘れていたんですよね・・・。

日本脳炎の第1期追加って前回から1年近くあくから忘れているママ、結構いるみたいですね。

そんな日本脳炎第1期追加の注射を忘れてしまったママ、ガッカリしないでくださいね!

きっと、まだ間に合いますよ。

スポンサーリンク
 

日本脳炎予防接種 第1期追加もし忘れてしまったら?

もし第1期追加を忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょう?

1期追加は初回接種後、概ね1年後とされています。

しかし、”必ず1年後にしないといけない”という訳ではありません。

「概ね1年後」というのは「約1年〜1年半程度」という意味です。

そして、予防接種というのは、規定回数を接種すれば、きちんと免疫がつくようになっています。

すでに日本脳炎の予防接種を2回接種済みなら、発病を予防するのに十分な抗体が作られているので安心してください。

ただその効果は数年しか持たないので、1期追加の接種が必要になります。

1期追加の接種によって、そのワクチンの効果を持続させるんです。

だから、少し遅れたぐらいなら大丈夫ですよ!

中には2年や3年忘れていた!という方もいるみたいなので。(笑)

忘れていたことに気づけてラッキーだと思ってください。

そして、気付いた時点で素早く病院へ相談してみましょう。

日本脳炎予防接種 第1期追加忘れてませんか?

まずは、日本脳炎って何のための予防接種かご存知ですか?

もちろんウイルスを予防するための注射なんですが、そのウイルスは蚊に刺されることによって感染してしまうとても身近なウイルスなんです。

刺された人の内、1000人に1人の確率で感染し、高熱、頭痛、嘔吐が突然にあらわれ、最悪の場合、死亡することもある怖いウイルスなんです。

蚊に刺されずに生きていくことは不可能に近いので、予防接種をしっかり受けておきたいですよね。

日本脳炎の予防接種は合計4回接種します。

第1期初回に2回、第1期追加に1回、第2期に1回の接種です。

あなたが今焦っているのは、第1期追加の部分ですね。

第1期初回の2回は、おそらく3歳頃に接種されましたよね。そこから約1年後に第1期追加ですね。

怒涛の予防接種のスケジュールがひと段落したところで1年も間があけば忘れてしまいますよね。

はい。よーくわかります。

第1期追加の後は、第2期がスタンバイしています。9歳から13歳未満で1回接種しないといけません。

第2期は、さらに間隔があくので、注意しましょうね。

チョット風邪気味なんだけど日本脳炎打っても大丈夫?

日本脳炎の前日からちょっと風邪っぽくて接種をためらったことはありませんか?

まさにこの前息子がそうでした。鼻水と微熱・・・。

できるかなぁ~?

いや、やめといた方がいいのかなぁ~?

と悶々しながら順番を待っていたんですけど、

「熱は全然大丈夫だよ。」

とこっちが聞く前に、先生が私の不安をすっきり取り払ってくれました。

流石かかりつけ!!

かかりつけの小児科は接種前にきちんと検温と問診があるから安心です。

ちょっと微熱があったんですけど、先生からGOが出たので、打って帰りました。

その後、熱が上がることは無く一安心です。

スポンサーリンク

まとめ

子供の予防接種って本当に大変ですよね。

スケジュール管理は特に大変です。

小児科では予防接種のスケジュール相談に応じてくれるところもあるので、存分に活用するべきですよ!

また、ママはみんなのスケジュール管理をしないといけないので本当に大変です。

家族のスケジュールに大事な予防接種の予定が埋もれてしまわないように工夫も大事ですよ!

カレンダーに書き込んでいても、あまりの忙しさでカレンダーを見ないということも考えられます。(はい!これ私です。)

なので、スマホのカレンダー機能でアラーム設定しておくのがオススメです。

スマホのカレンダーなら1年先でも2年先でも忘れずにアラームでお知らせしてくれますからね。

うちはいつもこのスケジュールアラームに助けられています!

スポンサーリンク