卒園式に履いていくべきストッキングは?マナー違反になってない?

この度はお子さんのご卒園 誠におめでとうございます

つい先日入園したと思ったら、もう卒園なんて…

時が経つのは本当に早いですね。

卒園式に出席するにあたり、スーツやアクセサリーなど準備するものも結構ありますよね。

卒園式は厳粛な式なので、入園式よりもややかっちりとした服装になります。

入園式に着た明るい色のスーツでは浮きまくってしまいます。

あまりにマナーに無知だと最後の最後で恥をかきますので注意しましょうね!

卒園式の服装でママが一番悩むのは『ストッキング』です。

色や、デニール(厚さ)、見た目や寒さ対策で選んでいませんか?

実はストッキングにもきちんとしたマナーがあるんですよ!

そこで、”卒園式に履いていくべきストッキング”についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

卒園式に履いていくべきストッキングは?マナー違反になってない?

卒園式は厳粛な式ですので、それに見合った格好で参列するのがマナーです。

一般的にはブラックやネイビーなどの落ち着いた色のフォーマルスーツが多いです。

その際、ストッキングの色は服装の色に合わせることが本当のマナーです。

でも、スーツも黒、ストッキングも黒、ハイヒールも黒だと葬式を連想させてしまうため

黒のストッキングはタブーとなっているところもあります。

では、何色のストッキングを履いていけばいいのでしょう?

その答えは・・・・

「園の慣習に合わせる」 です。

私は黒のストッキングが正しいマナーだと思っていたので、一応ママ友にも確認の上、黒のストッキングを履いて卒園式に参列しました。

すると、参列しているママの9割5分はベージュのストッキングでした。

しかも、先生は皆ベージュのストッキングでした・・・。

もう、恥ずかしいのなんの、最後の最後に恥をかいたのは、そう私です。

不安な方は卒園式の前に先生に相談することをおすすめします。

ママ友に聞く場合は、上にお兄ちゃんお姉ちゃんの兄弟がいるママ友へ聞いた方がいいです。

でも、忘れないでくださいね。

厳粛な式での正式なマナーは黒のストッキングです。

他の式典の際に恥をかかないよう呉々も気を付けて下さいね。

卒園式に履いていくべきストッキングのデニールは?

次にデニールについてご紹介します。

卒園式が行われるのは、だいたい3月の寒々しいときですね。

寒さ対策として、厚手のタイツを履いていこうと思われてる方もいるかもしれません。

実は、式典のマナーからすると、厚手のタイツは好ましくありません。

礼儀作法の面からみても、全体的なバランスで見ても薄手のストッキングを履いた方がいいでしょう。

薄手と言ってもどれくらいがいいのか迷ってしまいますよね。

そんな時は、40~60デニールを目安として選びましょう。

40~60デニールは程よいを透け感があり見た目にも上品です。

そして、なるべく飾りのついていない無地のストッキングを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

卒園式に履くべきストッキングにつてご紹介しましたがいかがでしたか?

卒園式前にこのページをご覧いただけて私は少し安心しています。

だって、このページをご覧にならなかったら、私の二の舞になっていたかもしれませんから。

お子さんの晴れ舞台、思いっきり感動してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする