MRワクチン 第2期予防接種はお済ですか?

「MRワクチンの第2期予防接種」はお済でしょうか?

小学校入学前にMRワクチン第2期予防接種は済ませておきましょう。

えっ?忘れた!?

スポンサーリンク

大丈夫ですよ。接種を忘れちゃった場合の対策をお教えします。

まずは落ち着いて、こちらをご覧ください。
  

MRワクチン 第2期予防接種忘れていませんか?

まずは、MRワクチンって何の予防接種かご存知ですか?

Mは【Measles】麻しん(はしか)の略です。

麻しんとは・・麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症。
毎年春から初夏にかけて流行。感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった
風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が
出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎、死に至るケースもあります。
感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみで予防はできません
妊娠中に麻しんにかかると流産や早産を起こす可能性があります。

Rは【Rubella】風疹の略です。

風疹とは・・風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症です。
感染すると約2~3週間後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。
風しんの症状は子どもでは比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が発生することがあります。
大人がかかると、発熱や発しんの期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。
風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、眼や心臓、耳等に障害をもつ
(先天性風しん症候群)子どもが出生することがあります。

これら麻しん・風疹はMRワクチンの接種で予防することができます。

スポンサーリンク

ワクチン接種は全部で2回。

1期は生後12ヶ月~24ヶ月に1回接種、

2期は5~7歳に1回接種します。

1期から4年以上あくので、忘れてしまうママもいるかもしれません。

母子手帳に書き込んでいたとしても、子供が大きくなるにつれて

母子手帳なんて見なくなりますもんね。

でも、近頃は住んでる自治体で小学校入学前にMRワクチン第2期を接種しましょう!

と呼びかけてくれたり、お手紙で知らせてくれたりするので、接種忘れも減っているようです。

このMRワクチン、以前は1回しか接種しなくてよかったんですが、

2007年に1回しか麻疹ワクチンをしていない中学生、高校生、大学生で

麻疹が大流行したため、現在は2回接種になりました。

MRワクチン 第2期予防接種追加もし忘れてしまったら?

MRワクチン 第2期は5歳~7歳の間に接種しなければいけませんが、

すでに過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょう?

結論から言うと、「接種期限を過ぎてしまっても大丈夫!」です。

定期接種(無料)としては受けられなくなってしまいますが、

任意接種(有料)で受けられます。

1回の接種だけでは、大人になって免疫が低下してくるリスクがあるので、

接種は必ず2回しておいた方がいいです。

麻しんは、命に関わるような合併症を起こす例もありますし、

風疹は、女の子だと妊娠初期に感染すると胎児に影響してしまいます。

2回接種しておけば、免疫効果も数十年持続するので、安心です。

任意接種になった場合、費用がかかりますが、病院によって料金がまちまちなので、

”少しでも安く”という方は病院へ問い合わせてみましょう。

ちなみに、うちの近くの小児科でMRワクチンを任意接種すると

11,000円!!!

高っーー。

良心的な病院だと8,000円くらいで接種できるところもあります。

病院のHPには予防接種の料金は載せてないところが多いので、

1軒1軒電話で問い合わせるしかないですね。

でも、病院側も料金の問い合わせには慣れてるようで

すぐ回答してもらえますよ!

MRワクチンの副反応が心配

MRワクチンの第1期予防接種を受けたら熱が出た、発疹が出た

という子がいるかもしれません。

ビックリしましたよね。

これはMRワクチン接種による副反応です。

まれにそういう症状が出る子がいます。

でも、基本的に2~3日で自然に消えるので、心配はいりません。

第2期の接種では、この副反応が出ることはほとんどありません。

まとめ

麻しんは発症すると、命にかかわることもある怖い病気です。

また、風疹に感染すると、将来的に子供を持つときに胎児への影響も出てしまいます。

これらは、予防接種を受けることで予防ができるので、

大事なお子さんの健康と将来を守るため、MRワクチンの予防接種は

必ず2回受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする