飛行機で耳が痛い子供の耳抜き方法とCA直伝対処法。痛くならない薬あり?

ゴールデンウィークやお盆の帰省など連休に飛行機に乗るという方もいるのではないでしょうか。

子供も一緒に乗る場合に毎回困るのが、子供が耳を痛がる「航空性中耳炎」です。

飛行機に乗っていると、上昇中や降下中に突然子供が泣きだすことはありませんか?

それは、耳が痛いからなんです。

大人でもありますよね、耳が痛くなったり、耳が詰まった感じがすること。

子供は大人よりも耳管が短いため、その症状が強く出てしまうんです。

そこで、飛行機で子供が耳を痛がった場合の耳抜き方法と現職CAさん直伝の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

飛行機に乗ると子供が耳を痛がる原因は?

飛行機に乗るとなぜ子供は耳を痛がるのでしょう?

それは、”気圧の変化”が原因です。

鼓膜の内側には耳管と呼ばれる管があり、咽頭部とつながっています。

この耳管は通常閉じていますが、外部の気圧と中耳の気圧に差があるときに耳管を開けたり閉じたりして

気圧を一定に保っているんです。

多少の気圧の差ならそのようにして体が対応するので問題ありませんが、

何と言っても飛行機の高度は3万3000フィート(約1万m)です。

気圧は地上の5分の1まで下がります。

このような急激な気圧の変化に子供の体は耐えられません。

飛行機にはそういった急激な気圧の変化に対応するため、機内の気圧を調整する機能がついているんですが

地上の気圧が1気圧に対し、機内の気圧は0.8気圧になっています。

これは胴体の強度の問題があるため地上と全く同じ気圧にすることはできないんです。

その気圧の差を解消するためにうまく耳管を開けられればいいのですが、子供はそううまくいきません。

だから耳が痛くなったり、耳が詰まった感じになって号泣してしまうんです。

子供が飛行機で耳を痛がった場合の耳抜き方法とCA直伝対処法

子供が耳の痛みや違和感を訴えてきたら、耳抜きをさせてみましょう。

息を軽く吸ったら鼻をつまみ口も閉じます。

口に溜まった息が耳の方へ行くようにします。

この時あまり強くやらないように注意しましょう。

言葉だけではなかなか子供は理解できないので、大人がやってる姿をマネさせるといいですよ。

また、飛行機に乗る前に耳抜きの練習をしておくと安心です。

耳抜きがうまくできないようなら、

・つばを飲みこんでみる

・あくびをしてみる

・アメをなめてみる

・気圧調整機能付きの耳栓をしてみる

を試してみて下さい。

実は我が家の4歳の長男は、飛行機に乗ると泣きながら耳を痛がります。

ギャーギャー泣くわけではなく、本当に痛みに耐えるように涙をポロポロ流すんです。

見ていると本当に痛々しくてかわいそうになってきます。

上で紹介した方法を試してみましたがいまいち効果がありませんでした。
(なら紹介するなよ!というお声が聞こえてきそうですが・・・)

そこへCAさんが通りかかったので子供の耳の痛みを伝えたら

紙コップを2つとお湯で濡らしたティッシュを2、3枚持ってきてくれました。

濡らしたティッシュを紙コップの底に敷き、その紙コップを糸電話のように耳に当てるよう言われました。

?????でしたが、言われるままにやってみたら、子供の耳の痛みが徐々に取れていきました。

現役CAさん、流石です!

もしお子さんが耳を痛がっていて、耳抜きなど試してもダメだった場合は、この方法をぜひやってみてください!

スポンサーリンク

飛行機に乗っても子供の耳が痛くならない薬はある?

飛行機に乗るとどうしても耳が痛くなって、子供が飛行機に乗るのを嫌がってしまうという方は、

薬に頼るという方法もありますよ。

耳鼻科で「子供が航空性中耳炎みたいなんですけど・・・」と伝えてみましょう。

中耳を広げる「点鼻薬」を処方してくれます。

飛行機に乗る15分前に鼻の穴にシュッとスプレーします。

薬は鼻から耳に届き中耳を広げてくれるので、気圧の変化による耳の痛みがありません。

およそ3時間くらいは効果があります。

もし3時間以上のフライトであっても、到着する15分前にもう1度スプレーしておけば

高度が下がっても耳は痛くならないでしょう。

点鼻薬は液状で目薬ぐらいのサイズなので機内にも持ち込むことができます。

飛行機に乗ると耳を痛がって大泣きしてしまうことが予想される場合は

前もって耳鼻科で点鼻薬を処方してもらってると安心です。

まとめ

飛行機に乗ると子供が耳を痛がって泣いてしまうと悩んでいたパパやママ、

子供が耳を痛がっても、ご紹介した耳抜き方法とCAさん直伝対処法を試せば、きっと和らぎますよ!

これできっと楽しい空の旅ができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする