トゲが刺さった!怖がる子供のトゲを簡単に取る方法

知らない間にトゲが刺さってしまうことってありますよね。

大人であれば、すぐにトゲを取って処置することができますが、

子供の場合、怖がってトゲを取らせてくれないってことありませんか?

スポンサーリンク
  

早く取って処置したいのに、子供が泣いてジッとしてくれず

取ってあげたくても、できなーい!なんて嘆いているママ、

怖がる子供のトゲを簡単に取る方法をご紹介します。

怖がってトゲを取らせてくれない子のための対処法 

トゲが刺さった時は、まずはトゲを取ることが先決です。

針を火であぶってからトゲが刺さったところの皮を少しずつめくって・・・

なんてしていませんよね。

そんなことをしたら子供は恐怖のあまり大泣きすることでしょう。

ましてや、そんな光景を見たら子供はジッとしていませんよね。

うちのお姉ちゃんも針を見た瞬間、恐怖のあまり逃げ出しましたよ(笑)

実はそんな恐怖を味あわなくても、簡単にトゲを取る方法があるんです。

方法1:5円玉硬貨か50円玉硬貨をつかう

5円玉や50円玉って真ん中に穴が開いていますよね。

その穴にトゲが刺さった部分を押し当ててみて下さい。

皮膚が盛り上がって、そこからトゲがピョコンと出てきていませんか?

取りやすくなったところを、ピンセットや毛抜きで取れば大丈夫です。

取るときに注意してほしいのが、トゲと同じ方向から取るということ。

反対の方向から取ろうとすると、トゲが引っ込んでしまいますのでご注意を!

トゲが取れた後は患部をきれいに洗って消毒しておきましょう。

方法2:梅干しをつかう

この方法、意外と知らないという方が多かったです。

梅干しを潰して梅肉状にします。それをトゲが刺さったところに塗って数時間放置すると

あら不思議!トゲが浮き上がってくるんです。

これは梅干しに含まれる塩分が関係しています。

お料理の時、塩を振ると、その食材から水分が出てきますよね?

そう!それと一緒で梅干しの塩分によって皮膚から水分が出てきて

それにつられてトゲも浮き上がってくるということです。

スポンサーリンク

怖がるお子さんには最も有効的ですよ!

方法3:はちみつをつかう

梅干しは沁みそうだし、そんなに何時間も待てないよ!とういう方には

はちみつがおすすめです。

はちみつをトゲが刺さったところに塗って8分ほど放置すると

あら不思議!これもトゲが浮き上がってくるんです。

はちみつはトゲを浮き上がらせるだけでなく、殺菌作用や、キズを治す働きがあるので

お子さんにはとってもおすすめの方法です!(うちの子供たちもトゲが刺さった時は専らこの方法です)

でも、十分に注意してほしいのが、1歳未満の赤ちゃんに使う場合です。

ご存知の通り、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつは絶対にタブーです!

赤ちゃんがはちみつを舐めないようにしっかり見ていてくださいね。

それでも取れない場合、何科を受診すればいいの?

トゲが皮膚に刺さったまま引っかかっていたり、

皮膚に深く刺さっていると、なかなかそのトゲを取るのは難しいです。

上でご紹介した方法を試してもトゲが取れなかった場合は、

病院を受診して取ってもらいましょう。

かかりつけの小児科や、外科、皮膚科でも大丈夫です。

小児科は混んでいて、すぐには処置してもらえないかもしれないので、

急いでトゲを取りたい方は外科や皮膚科がいいかもしれません。

トゲが刺さっていても子供があんまり痛がらないから まーいっか。

ていうのは絶対にダメです!

トゲに雑菌が付いていたらどうします?

雑菌が付いたトゲを刺さったままにしておくと、その雑菌が体内に入って

感染症を起こすかもしれません。

トゲが刺さった部分は赤く腫れ、酷くなればそこが化膿してしまいますよ。

最悪、破傷風になってしまうことも・・・。

破傷風とは・・・傷口などから破傷風菌が体内に入り増殖すると、細菌が毒素を作り出します。
        その毒素により、開口障害やけいれんなどの症状が現れ、最悪死に至る病気です。

だから、トゲが刺さった場合は一刻も早くトゲを取ってあげることが大切です。

どこに刺さってる?トゲが細すぎて見えない場合は?

うちのお姉ちゃんが足の裏がチクチクすると言ってきたとき

確認してみても、どこにもトゲらしきものが刺さっていなかったんです。

でも「痛い痛い!」と訴えるお姉ちゃん。

ここかな?と思うところを指で押して刺さっているところを

探してみました。でも、お姉ちゃんもどこが痛いのかわからず、

結局トゲを見つけられませんでした。

トゲじゃなく切り傷だったのだろうと、その日は消毒だけしておきました。

すると1日経っても、まだ歩くときにチクチクするらしいのです。

これはやっぱり何か刺さってると思い、ガムテープを足の裏に貼り付けました。

そしてかかとの方から一気にベリッ!

もう1度同じようにガムテープを貼って、次はつま先の方から一気にベリッ!

するとウソのように痛みは消えました。

目に見えない細~いトゲが刺さっていたのでしょうね。

細くてどこに刺さっているか分からないトゲには、ガムテープがおすすめですよ。

まとめ

子供にトゲが刺さっていても、怖がってトゲを取らせてくれないとお困りのママ、

ぜひ上でご紹介した方法を試してみて下さい。きっと怖がらず、ジッとしててくれますよ!

トゲが取れた後は、消毒も忘れずにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする