100均にあるものでチーズフォンデュ!容器やフォークも代用でOK

クリスマス

チーズフォンデュはわざわざ道具を揃えなくても100均にあるもので代用できます!!

わざわざ高いお金払ってチーズフォンデュの器材一式そろえる必要はありません。

雰囲気もそのままに楽しめますよ!

では、100均にあるものでチーズフォンデュをする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

100均にあるものでチーズフォンデュをやってみよう!

チーズフォンデュをするには4通りのやり方があります。

・ アルコールランプ 
・ カセットコンロ
・ ホットプレート
・ 固形燃料

この中で100均で手に入るものと言えば、固形燃料ですね!

それとチーズフォンデュポット!100均からも登場しています。

固形燃料やアルコールランプは実際に「火」を使用するので、よりチーズフォンデュの雰囲気を演出できます!

でも固形燃料やアルコールランプを使ってするチーズフォンデュには、1つ難点があることも知っておいてください。

それは、「火加減の調節ができない」ってこと

チーズフォンデュを美味しく食べるためには火加減の調整が欠かせません。焦げたチーズフォンデュほどマズイものはありませんからね。

固形燃料やアルコールランプを使ってチーズフォンデュをするときは、チーズの焦げ付きに注意しながら、時々かき混ぜるようにすれば最後まで美味しくいただけます!かき混ぜたときに鍋の底で焦げはじめたチーズが浮かんでくるんですが、

これが超絶おいひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!

ぜひお試しあれ♡

チーズフォンデュの容器には「固形燃料タイプ」と「キャンドルタイプ」があります。もし、キャンドルタイプのものに、固形燃料を使ったら‥‥

こんな風に、予想以上に燃えてしまうことがあるので注意しましょう。

フォンデュポットの売り場で、隣に固形燃料が陳列されていたからといって、おすおすと固形燃料を買ってはいけません。

使う容器のタイプが、「固形燃料」なのか「キャンドル」なのかをしっかり確認しましょう。

『100均の固形燃料は、燃焼時間が短い』というウワサなんかも聞いたりします。だから固形燃料を買う時は、パッケージに記載された燃焼時間を要チェックです。チーズフォンデュで盛り上がってる最中に固形燃料が燃え尽きてしまった…なんてことになったら最悪ですから。

チーズフォンデュの雰囲気を重視するなら、「固形燃料」や「アルコールランプ」を使うのが1番だけど、食べることを重視するなら温度調節ができる「ホットプレート」がおすすめです。

ホットプレートでチーズフォンデュをするやり方

チーズフォンデュの容器も100均で代用OK!

チーズフォンデュをするには、まず欠かせない器材は「容器」ですよね。耐熱性で深みがあるものであれば何でもOKです!

容器について詳しくはこちらへ

1点だけ注意してほしいことは、いっぱい食べたいからと大き目の容器を準備しちゃダメってこと(笑)

大き目の容器だと、その分たくさんのチーズを用意しないといけないし、ぶっちゃけ、チーズフォンデュってそんなにいっぱい食べれるものじゃないので…。チーズのコクって結構すぐにお腹いっぱいになりますよ。

だから、小さめで深みがある耐熱容器、一人用の土鍋とかで十分です!私が最近いいな~って思ったのは、ココット皿!

チーズを入れる前に、容器の内側にオリーブオイルをまんべんなく塗ってから加熱すると、焦げ付き防止になりますよ!

香り付けに、にんにくを容器に塗るのもおすすめです!

スポンサーリンク

100均でチーズフォンデュにかかせないフォークも揃う!?

チーズフォンデュの雰囲気を出したいなら、チーズフォンデュ用のフォークが必要ですね。

実はコレも100均で調達できます。

「Seria(セリア)」では、持ち手が温かみのある木製になっているチーズフォンデュ用のフォークが2本入りで販売されていました。

年に数回しか使わなそう・・っと躊躇してしまうようなら、竹串なんかでも代用できます。

我が家では専らありきたりなフォークを使ってます。

まとめ

おしゃれで美味しいチーズフォンデュは、わざわざ専用のチーズフォンデュ器材を揃えなくても、100均にあるものや、もちろん家にあるもので代用できます。

器材代が浮いた分、具材を豪華にしてみたり、チーズを本格的なものにしてみたりしてはいかがでしょうか♡

うまく100均を活用して、ぜひ美味しいチーズフォンデュを楽しんでみてください!

人気記事
チーズフォンデュレシピを確認
ダイソーでフォンデュポットを発見!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました