結婚の顔合わせで好感をつかむ服装マナーとは?

まずはご結婚がお決まりになったということで

誠におめでとうございます!!!

いざ結婚が決まって、ご両親との顔合わせをされるのですね。

相手の両親が厳しいと聞いて、尻込みしてしまうのは何も男性だけとは限りません。

顔合わせで失敗しないためには、最低限のマナーを守るのはもちろんですが

服装や身だしなみ、つまり第一印象でよいイメージを与えるのが肝心です。

今回は、そんな結婚の顔合わせで失敗しない服装を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

両親顔合わせで好感をつかむ服装や化粧マナー

人と会うときは第一印象で決まると言われるほどに、服装や身だしなみは重要になってきます。

例えば、オシャレなレストランに入って案内してくれる店員さんの髪がボサボサだったり

無精ひげが生えていたらどうでしょう?

そんなお店で食事をしたいとは思いませんよね?

つまり、晴れ舞台である結婚も、その前段階である顔合わせで失敗してしまっては元も子もないという事です。

では、どういった服装で臨めばいいのでしょうか?

結婚の顔合わせの服装は、どんな会場でも万能なワンピースがオススメです!

顔合わせは、ほとんどの方がワンピースを着用しています。

私の場合は顔合わせではなく結婚の挨拶に行った際ですが、やはりワンピースを着て行きました。

このように、万能なワンピースであればどんな会場でも、無難にやり過ごすことができます。

ただし、この時に選ぶワンピースですが、暗すぎず派手過ぎないものを選びましょう。

また、丈が短すぎるのは絶対にNGです。

短くてもひざ丈までのもの、できればひざが隠れる丈のものがよいでしょう。

せっかく清楚なワンピースできめても、丈が短いだけで

「常識がない」⇒「派手」⇒「嫁に向かない」

なんて印象を与えてしまいかねないので注意しましょう。

もちろんストッキングは必須です!

いくら丈が長いからと、靴下タイプのものを履くのもあまり宜しくありません。

季節的なこともありますが、寒いからとタイツを履くのもなるべくなら控えましょう。

寒さが気になる場合は、ひざ掛けなどを使うことをオススメします。

最後の記念にと振袖を着ていく方も多いようですが、ここで注意が必要です。

もしも、顔合わせの会場が料亭や和食のお店であればよいのですが

洋式のレストランなどの場合は、振袖や和装は間違った服装となります。

顔合わせの会場に合わせた服装を心掛けるためにも事前確認をしっかりしておきましょう。

困った時は、ワンピースで乗り切るのが無難です。

両親顔合わせの服装選びで気を付けること

両親顔合わせの服装選びで気を付けることは、

両家、家族で服装の格差をつけないようにしましょう。

服装が決まり、いざ当日会場へ行ってみれば、相手の家族は全員和装でこちらの兄弟はチノパン!?

なんてことにならないように、事前のすり合わせは必須です。

また、両家の家族が新郎新婦よりも格の高い服装をすることもNGとされています。

たとえば、新婦が清楚なワンピースなのに対し、姉や妹がきらびやかなパーティードレスや父が高価な燕尾服などです。

家族内で事前のすり合わせをすることはもちろんのことですが、両家でもすり合わせは必須です。

どちらか片方が和装で、もう片方は洋装といったズレや、お互い洋装でも格の違いが出てしまうことは避けましょう。

スポンサーリンク

結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは?

顔合わせで失敗しないために気合を入れていくぞ!と意気込んでいるアナタ!!

ちょっと待ってください!

もう一度鏡の前に立って、見直してみませんか?

結婚式の顔合わせで気合を入れるのは、気持ちだけにしましょう。

今回は、自分や家族を相手の家族に知ってもらうためのものです。

見た目に気合を入れるのは、結婚式当日まで我慢しましょう。


「その化粧派手過ぎませんか?合言葉は清楚で健康的」


顔合わせの際にスッピンはもちろんNGです。

また、ナチュラルメイクと言えど、ラメの入った化粧品を使うのも控えるようにしましょう。

アイシャドウを使うなら落ち着いたブラウンかオレンジ系が良いでしょう。

香水が苦手な方も居るので、普段から香水を使っている方は今日だけはお休みしてください。

それでも気になってしまう場合は、デオドラントスプレーなどの無香料のものか、石鹸の香りなどを少量だけにしましょう。

アクセサリーをつける場合は、小ぶりなものかパール系が好まれます。

ガチャガチャと大きな飾りのついたものなどしかない場合は、無理してつけることはありません。

ネイルはどうなの?と気になる方もいらっしゃいますよね。

一番は短く整えた自分の爪と言えますが、もしもやるのであればシンプルなものにしましょう。

飾りのついたものなどは絶対にNGです。

両家顔合わせでこれさえあればデキル女!?鞄の中の必需品

普段からポケットや鞄にティッシュやハンカチは入っていますか?

トイレで手を洗って「ハンカチ忘れた!」と裾で拭いた瞬間に相手のお母さんに見られた!!

なんてことがあっては大変です。

普段持ち歩くことが無くても、今日だけは鞄に入れておきましょう。

すっと鞄からハンカチを出して手を拭いているお嫁さんを見て「まあ、素敵な方だわ」と、好印象をゲットするチャンスです。

スポンサーリンク

まとめ

結婚の顔合わせは、とっても緊張しますよね。

私も、震えるほど緊張していたことを思い出しました。

顔合わせさえ失敗しなけらば、その後はほぼ乗り越えられるはずです。

つまり、出だしが肝心という事です。

どんなに厳しい両親でも、子供の晴れ舞台を喜ばない人はいません。

ちょっとした気遣いや、工夫でどうにでもなります。

やるべきことさえやっておけば、多少の失敗は多めに見てもらえます。

経験した私から言えることは、「事前準備が大切」だということです。

事前準備をすることで気持ちにも多少の余裕がうまれます。

失敗を恐れず、常識をもって望めばうまくいくはずです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする